セクキャバ(セクシーキャバクラ)

セクキャバとは

セクキャバ

セクキャバとは、お触りやキス、イチャイチャすることがOKなキャバクラ(パブ)のことで「セクシーキャバクラ」を略してセクキャバと呼ばれています。女の子は洋服(上半身)を脱いで裸(トップレス)になるので、おっぱいを揉むこともOKでそのため「おっぱいパブ」略しておっパブと呼ぶこともあります。さらにお店によってはセクシータイムやハッスルタイムを設けているお店があることから「ハッスルパブ」と呼ぶ人もいるようです。

全国各地にセクキャバはありますが、地域によってサービス内容やどこまで許されるかが違うようです。セクキャバの定義はキャバクラ以上ピンサロ未満なので、お客さんに対して抜き行為をすることはありません。
一般的なセクキャバは、女の子はセクシー系の衣装(ランジェリーパブなど)やコスチューム(制服・Yシャツ・ドレス)でトップレスになってお客さん相手とお酒を飲んだり会話したりキャバクラのような接客をします。胸を揉むなどのボディータッチやキス、胸を舐めるまではOKですが、女性の陰部へのタッチは禁止です。

セクキャバよりソフトなお店として「ランジェリーパブ」略してランパブもありますが、こちらはセクシーな衣装のみで、女の子はトップレスにならず胸へのお触りも禁止です。
一般的なセクキャバよりさらに過激なお店になると、女性の陰部のタッチや指入れがOKだったり、抜き行為まではしないものの女の子が男性客の下半身へのタッチがあることがあります。衣装も過激で店内が暗くて何でもOKという雰囲気のセクキャバもあります。

キャバクラよりセクキャバを選んで働く女の子たちの理由は、男性客とお話しするのが苦手だったり、キャバクラより短時間で多くのお給料を稼ぎたいという人が多いようです。稀に胸を揉まれるのが好きだからという女の子もいるようです。胸を揉まれるのはいいけど、キスをするのが嫌な女の子が多いようでネットの掲示板などでは、どうやってキスを拒むかという話題が多くあります。