スカウト

スカウトがきっかけで風俗嬢に

風俗で働いている女の子たちは、もちろん自分の意志で風俗嬢として働いているわけですが、全ての人が自ら求人雑誌や求人サイトを見てお店を探して応募したのではなく、スカウトされたのがきっかけで風俗やキャバクラで働いている女の子は実はとても多いのです。

スカウトとは
スカウトとは、キャバクラや風俗店で働く女の子を路上やネットなどで探して女の子をお店に紹介することで紹介料(キャッシュバック)をもらうことで、スカウトを本業にした人たちをスカウトマンやスカウト集団と呼ばれています。映画「新宿スワン」で注目されたことでスカウトマンの存在を知った人が多いかもしれませんが、都内や主要な繁華街では昔から路上でのスカウトが日常茶飯事に行われていました。

スカウトは風俗業界だけではなく、芸能界やスポーツ業界でも普通に行われていることですが、風俗スカウトの場合はグレーゾーンにあります。なぜなら多くの都道府県で路上での風俗・キャバクラなどへのスカウトを条例(迷惑防止条例)で禁止しているからなのです。路上や公共の場所でのスカウトは禁止されていますが、街や飲み屋で知り合った女の子やネットなどを利用してスカウトをしている人たちは大勢います。それでも昔よりはかなり減ったようで、リスクを冒してスカウトをしても割に合わないくらいしか稼げない人が多く、多くのスカウトマンはすぐに辞めてしまうようです。

しかし、このような状況でもスカウトがきっかけでキャバクラや風俗で働く女の子は今でもかなりいるようです。スカウトマンに騙されたという女の子も中にはいますが、働くきっかけを作ってくれたことで感謝されることもあります。スカウトマンも女の子が辞めずにお店でずっと働くことでキャッシュバックがもらえるので、アフターケアはしっかりやっているようです。風俗で働く女の子は悩みが多く、グチを聞いてあげたり悩み相談を受けてみたりと大変なようです。

スカウトマンは実は大変な仕事でお店に女の子を紹介するだけでは終わらず、働いた後や辞めた後などにも交流があり、スカウトした女の子とは長い付き合いがあるようです。