キャバクラ

キャバクラとは

キャバクラとは、お客さん相手にお酒を作って会話をしながら一緒に飲む接客のお仕事で、お酒を飲むことから水商売とも言われ、女の子のナイトワークの定番のお仕事です。キャバクラで働く女の子はキャバ嬢やキャストと呼ばれ、お客さんから体を触られることもなく、キスをしたり性的なサービスをする必要はありませんが、その分、容姿やスタイルが非常に重要であったりお客さんを会話で楽しませるトークや女子力が必要になります。

衣装はドレスやタイトな制服が一般的で制服などのコスプレを着るお店もあります。衣装はお店からレンタルすることもできますが、多くの自前で用意する必要があるため衣装代がかかってしまいます。また接客業ですのでメイクやヘアスタイルにもお金をかける必要があるので、風俗より仕事内容は簡単ですが、指名料を多く取って稼げるキャバ嬢になるためには、それなりに大変なお仕事と言えます。

キャバ嬢のお仕事

月に100万以上稼ぐ人気のキャバ嬢もいるため、多くの女の子がキャバ嬢に憧れ働いていますが、稼げるキャバ嬢にはそれなりの理由や苦労していることがたくさんあるようです。キャバクラは時給+歩合というお店がほとんどで、キャバクラは夕方から深夜の時間のみ営業しているので時給だけでは、そこまで稼ぐことはできません。稼ぐために指名料バックやドリンクバックの歩合が必要になります。時給も変動時給のお店が多く本指名や場内指名、同伴などがポイント化されて時給があがる仕組みです。

本指名を増やすために、キャバ嬢は営業電話や営業メールを欠かさずに行う必要があり出勤以外でも働く必要があります。閉店まで遊んでもらえるようにしたり、次回も指名してもらえるように、「アフター」と呼ばれるお店の営業が終わった後に店外デートをする必要もあります。とてもお金を使ってくれる上客には「まくら営業」をしてしまうキャバ嬢もたくさんいるようです。

そこまでしなくてもキャバクラで働けば、普通に会社で働くよりは多くの給料を稼ぐことができるため、金銭感覚が麻痺してしまう女の子が多く、普通の仕事に戻れなくなってしまうことが多いようです。金銭感覚には気をつけないと、キャバクラのお給料では満足できなくなってしまい、より稼げるデリヘルや風俗のお仕事をする女の子がたくさんいるようなので、注意が必要なのです。