デリヘル(デリバリーヘルス)

デリヘルとは

デリヘル

デリヘルとは、店舗を持たない風俗店のことで「デリバリーヘルス」を略してデリヘルと呼ばれています。お店に店舗がないということで、女の子はお客さんの自宅かホテルに出張(派遣)してサービスを行うので「出張ヘルス」とも呼ばれます。

全国的に風営法が厳しくなった現在では、風俗の中心は「デリヘル」へとシフトしてきていて、風俗店の中ではデリヘルが最も多い風俗になっています。

デリヘル嬢は、お客さんから電話予約があったら近くのラブホテルだったら徒歩で、自宅やホテルであったらお店専用のドライバーが目的地まで送迎してくれます。最近は「待ち合わせ型」が主流になり、駅前やコンビニ前などで待ち合わせをしてお客さんと一緒にホテルに入ることもあります。お店によってはお客さんの自宅への派遣をNGにしてくれることもあります。

無店舗型風俗のことを「デリヘル」と、まとめて呼ばれていますが、デリヘル店の中でもジャンル分けがされています。人妻デリヘル・高級デリヘル・韓国デリヘル・出張エステなどお店の特徴や料金などで分けられます。無店舗型風俗でも受付がありホテル派遣専門のお店のことは「ホテヘル(ホテル型ヘルス)」に分けられます。デリヘルは、店舗型の風俗店と違って営業時間に規制がないので、深夜でも営業しているお店がたくさんあり、中には24時間営業のお店もあります。

デリヘルのお仕事内容

デリヘルの基本的な流れは、まず男性客と対面したらコース料金やオプション、指名の確認をしてお金を受け取りお店に報告の電話をします。ここが店舗型風俗との違うところで、料金は女の子が受け取ることになります。その後の流れは、基本的なヘルス風俗と同じで本番行為はありません。シャワーしてからベットでサービス、手コキか素股でフィニッシュになります。ホテルから退室した後は、またお店専用のドライバーが迎えに来てくれます。
送迎があるため移動はそこまで大変ではありませんが、お客さんとの金額や時間などの確認は自分でやならければならないので大変なお仕事です。料金やサービスのことでゴネてくるお客さんが多いようなので流されやすい性格の女の子は注意しなければなりませんね。